技術的清浄性

新しい製品には、残留粒子や残留潤滑油両方の清浄性に関して、より厳しい要件を満たす必要があるという性質を有しています。当社は、この課題を、調達、生産、ロジスティクスのプロセスチェーン全体を最適化することでクリアしています。粒子が形成されないようにするため、生産プロセスは、それぞれ個別の方法でさらに洗練されています。既存のニーズを満たすために特に選択された清浄概念が、残留物を取り除くために用いられます。Witzenmannは、最高の清浄要件が必要な製品に対しては、特別な清浄システムを採用します。

競争優位領域

  • 必要に応じたクリーンルームや清浄ゾーンでの製品の清浄生産
  • 社内ラボでのVDA19/ISO 16232に従った清浄分析
  • 特殊貨物船など、清浄関連のロジスティクス概念
  • エンジニアリング、販売、生産部門の定期的なトレーニングに基づく、技術的清浄性、知識、管理の集中制御

 

Witzenmann Japan

Japanese English